忍者ブログ
MarioののんびりPhotogLife☆~・・・ 街の写真を中心に掲載しています。 最近モノクロプリント始めました。
[172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トラックのケツ

カラーネガの現像を台湾で出してみた。
ネガが、何故か下から入っていたし、さらに裏返しだった。
今時ネガの現像のみだったので、嫌がらせだろうか、と思ったが、完全に逆だったことを考えると
普通に袋の向きや表裏の勘違いだろうと思う。
価格は35mmの36枚撮り一本当り200円程度。
安い。
飛行機搭乗の際行われるX線検査の心配もない。
モノクロフィルムは大変だ。
現像の道具なんて持っていっていないから、帰りの手荷物チェックで
北京語か英語でX線通さないでと伝えなければならなかった。
あっているかどうかわからないが、英語?で以下のように伝えた。
Hand inspection, Please.
These are films.
あっていたのか、どうだか、しかし、X線検査機は通さず、目視でチェックしてもらえた。
そして、僕はここで、国の違いを知った。
まず、日本の空港の場合、すごい嫌そうな(面倒くさそう)顔をされ、ISO1600までは大丈夫なんで
通してください、と言われた。
言い方がむかついたので、ISO1600まで現像で押す予定だと、キレたら、目視チェックしてもらえた。
もちろん、この時点でそんな予定などなかった(僕にとっては撮影時に決まる話だ)し。
チェックする人もかなり嫌そう(面倒くさそう)だった。
思うに、面倒くさいかどうかで判断している様子が嫌だ。
旅客の安全面を考慮して、できる限り通すように、なら理解できる。
安全より大切なフィルムは無いだろう。(旅客と写真を見る人にとって)
ちなみに、カメラ(Canon 4sbとNikon D90)の入った鞄は2度、検査機を通らされたようだった。
レンズも外して解体状態のカメラが2つ、きっと異様な形に見えたのだろう。
あの検査する人の顔、撮影したかった。
台湾の方は、あぁ、はいはい、フィルムね。みたいな感じであっさりだった。
もちろんしっかりチェックしているようだった。
なんだろう、この差は。


にほんブログ村 写真ブログへ   ←ランキング参加中。愛の応援ポチをお願いします!
 にほんブログ村

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
Mario Rosinante
年齢:
34
性別:
男性
誕生日:
1983/05/17
職業:
システムエンジニア
趣味:
Rock'n roll
自己紹介:
のろまなMarioがお送りする
フォトログ。
のんびりしていってください。

デジタルもフィルムも混在してます。
最近モノクロプリントを始めた
時代錯誤なITエンジニア。

写真はクリックすると別ウィンドウで
開きますので少しだけ遠慮がちに
大きく表示できます。

☆ゆるゆるなコメントお待ちしてます。
 コメントいただけると泣いて喜びます。
★相互リンクもお待ちしてます。
 コメントに書いてくださればリンクします。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[10/26 あべち]
[07/28 烈風]
[04/18 黒豆]
[03/06 risa]
[03/03 risa]
[11/15 なかぞの]
[10/25 RiKiKi]
[10/09 RiKiKi]
[10/09 RiKiKi]
[10/08 RiKiKi]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]
Powered by NINJA TOOLS